加工技術と設備紹介-ナニワ紙工の技術と設備をご紹介します。
 
食品包装資材・袋の株式会社ナニワ紙工TOP > 加工技術と設備紹介
 
ナニワ紙工の高い技術力の裏づけは職人の技
ナニワ紙工には、「貼り合わせ」の技術があり、
1.用途に応じた包装資材
2.後工程平滑度の有無
3.静電気
4.フィルム素材の適合性など
のご提案をしながら、一括して商品仕上げまでを行います。 このプロセスを行うことで、納期面での柔軟な対応が可能となります。その詳細をご覧ください。
 
ドライラミネート加工にも対応 ラミネート工場
古くからの機械(ドイツ製)で、小幅原反(420o巾)から1,000o巾までのドライラミネート加工が対応できます。フィルム同士の貼り合わせ、不織布とフィルム、2層、3層、多層の複合ができます。一般にグラビア方式、リバース方式がある中で、当社機械は変則で職人技量が問われる貼り方をしており、薄番手のフィルム又厚番手のフィルムと変わったものの貼り合わせ等もチャレンジしております。 ドライラミネート加工にも対応 ラミネート工場
 
高度な技術をご提供できます
食品、菓子等では、直接印刷部が商品に触れることが嫌われ、又衛生的にも良くありません。そこで、フィルムとフィルム、不織布とフィルム等のラミネート加工により、印刷面をサンドし商品に触れさせないフィルムを作ることができ、最近では、葉っぱ、弁当用のバラン等食品に直に飾り付けする仕切りのように使用されています。又ガスバリア性が必要な自動包装用巻き取り、さまざまな袋ものラミネートフィルムシート等対応が可能です。 高度な技術をご提供できます
 
納期短縮や業務負荷削減をご提案します
上記のような設備と技術によって、弊社では商社様が求められているフィルムシートに関するご要望に対応することができます。お気軽にお問い合わせください。

フィルムシートの一括製造体制についてはこちら
スピード納期に対応可能なからくりはこちら
包装フィルム事例はこちら
スタッフ紹介はこちら
 
お問い合わせフォームへ