高精度な巻き取りからのカッティング-高度な技術が必要とされる巻き取りからの断裁にも対応し、コスト削減に貢献します。
 
食品包装資材・袋の株式会社ナニワ紙工TOP > 高精度な巻き取りからのカッティング
 

寸法精度が求められる巻き取りフィルムからのカッティングに対応します

「断裁の精度が低く、フィルムシートの印刷部分がずれてしまい困っている」
「巻き癖が強いフィルムなので、他社や現在の加工業者では対応できないと言われてしまった」など、巻き取りフィルムからの断裁では、ロスや不良品等のトラブルが多いとお聞きします。
しかし弊社では、他社ではなかなか難しいような、厚みのあるフィルム、巻き癖が強いシート、伸縮があるものから硬質フィルムでも、それぞれのフィルムの特性を見極めたうえで、寸法精度の高い断裁を実現し、ご希望通りのフィルムシートをお届けします。

 
工場
ナニワ紙工は、創業以来培われた長年のノウハウ、職人の技術、各種機械設備、協力会社とのネットワークがあります。
さまざまなフィルムの断裁(カッティング)に対応が可能ですので、フィルムの種類、厚み、サイズ等に関して一度ご相談ください。
工場
 
弊社の断裁対応事例
 

事例1:伸縮性のあるポリエチレンシートの断裁(カッティング)

お饅頭を直接包むポリエチレンシートの断裁(カッティング)依頼を受けました。ポリエチレンシートは伸縮するという特性があり、印刷しているポリエチレンシートの断裁(カッティング)は印刷位置が揃わず、シート仕上げの際カットキズが出て困るとのことでした。このご相談には、印刷版でのカットトンボの付け方及び素材の提案で対応しました。 伸縮性のあるポリエチレンシートの断裁(カッティング)
 

事例2:巻き癖が強いフィルムの断裁(シートカット)

巻き取りから断裁(シートカット)する際、フィルムの巻き癖が強くどうしても断裁(シートカット)ができないとのご相談をいただきました。
フィルムの特性をお聞きし、自社の技術、ノウハウ、設備を駆使して加工する事ができ、お客様に喜んでいただきました。
巻き癖が強いシートの断裁(シートカット)
 

事例3:厚みと癖のある特殊フィルムのカッティング

ある電子部品の商社様より、厚薄がありフィルム自体波打った癖のある特殊フィルムのカッティングができないか、というご相談をいただきました。誤差±0.1oを許容範囲とする精度の高いカッテング要求でしたが、長年に渡るノウハウと職人技術により、ご要望どおり対応することができ、その後十数年来継続した取り引きをさせていただいております。 厚みと癖のある特殊フィルムのカッティング
フィルムの断裁から一括製造まで請け負います
ご紹介したように、お客様の断裁に関するお悩みに対しても、弊社の長年のノウハウと設備でお応えします。
また、フィルムシートの断裁だけではなく、フィルムの商品管理及びこまめな包装や、複合フィルムのラミネート加工にも対応しております。フィルムシート加工に関してのノウハウを生かして、包装資材に関して一括製造を請け負うことが可能です。

フィルムの一括製造を請け負う生産体制についてはこちら
弊社の設備に関して詳しくはこちら
 
 
フィルム断裁加工のお問合せはこちら